酵素ダイエット 効果

酵素を減らす食材や食習慣

酵素とは、体内で作り出されているタンパク質でできた分子のことです。酵素の効果はさまざまで、消化や吸収、解毒や排出、人が動くためになどに使われており、人が生きて行く上で重要な栄養素です。
 
酵素が減ると、頭痛や肩こり、肌荒れや不眠、便秘に冷え性、しわやたるみなどさまざまな症状を引き起こします。酵素を減らす食材や食習慣としては、過剰摂取では影響の出る肉や魚、アルコール類などは酵素を消失させる原因になり、揚げ物なども消化酵素をたくさん消費する料理になります。
 
酵素の働きとして消化があり、食べ物を小さくすることで酵素の働きを活性化させます。食べ物をよく噛んで食べることで、酵素の働きを活性化させ、消化を助けることになるのです。食べ過ぎも内蔵への負担がかかるため、食べ物をよく噛むことで少量でもしっかり満腹感が得られることも必要です。
 
また、消化のいいものを最初に食べることで、消化酵素に負担がかからなくなります。生活習慣でも、タバコや過度のストレス、深夜の食事などは体に負担がかかり、たくさんの酵素を消費しなければいけなくなります。野菜や果物、発酵食品などに酵素は大量に含んでいます。肉や魚にも入っていますが、酵素は熱に弱い栄養素です。野菜や果物は生で、肉は調理時間を短く、魚は刺身などで摂取することができます。

食習慣とダイエットの関係

食習慣とダイエットの関係で先ず考えられる事は、薄味に慣れることです。薄味にすれば調理の段階で砂糖も塩も減らすことになります。そして、味付けが濃いと主食の食べ過ぎにもつながってしまいますが、薄味にすれば主食を抑えられます。
 
さらに、食習慣とダイエットの関係では、食事はゆっくり良く噛んで摂るように心がける事も有効です。良く噛んでいると満腹感が得られるからです。そして、先ず野菜から食べるようにするのも効果的と言われます。
 
野菜は体の調子を整える大切な食品です。カロリーの心配もそれ程ないので一日300グラムは摂るようにします。しかし、果物は果糖を含みますので、食習慣とダイエットの関係を考えると食べ過ぎは控えた方が良いと言われます。
 
海藻やきのこ類は栄養的には優れているのにノーカロリーです。上手に調理に取り入れて料理のカサを増やせば満腹感が得られてダイエットに効果的です。食習慣とダイエットの関係で主食を抜く例もあるようですが、主食抜きではお腹が空いてダイエットが長続きはしない上に余分な食品を食べてしまいます。主食の茶碗を小さいものに替えるのは効果的です。油はカロリーの高い食品ですが、油抜きの食事では肌荒れや便秘の原因になったり逆効果です。