酵素ダイエット 効果

野菜酵素ドリンクはダイエット・美容・健康づくりに有用

およそこの世界の生き物全ての体内に存在し、生命活動に大きな役割を果たしているのが酵素です。生物は酵素によって栄養素を分解し、体内に取り込むことで生命を維持しています。よって人ももちろん酵素無しには生きていくことはできません。酵素は人の体内でも生成されるもので、食べ物の消化吸収を高め、吸収した栄養を体中に届けるだけでなく、体に有害な活性酸素や有害物質を除去する働きも持っています。 
 
しかし加齢やストレス、そのほか諸々の原因により体内で酵素の不足が起こると代謝や栄養摂取がスムーズに行われなくなり、結果体調不良や肥満などの原因になることが判っています。
 
そこで近年、積極的に酵素を外部から取り入れることで体内環境を改善しようとする考え方から端を発した健康法やダイエット法が話題となっています。中でも生野菜の中に多く含まれる野菜酵素については、酵素自体が熱に弱いという性質を持つため、食物から多量に摂取することが難しいとされるものでした。
 
1日に十分な量の野菜酵素を摂取するには実に生野菜300グラムを加熱しない状態で摂る必要がある、とするデータもあります。そこでこの野菜酵素について、比較的摂りやすいドリンクや錠剤の形にして体内に取り入れようとする商品がにわかに注目を集めています。
 
中でもドリンクについてはこれまでスムージーや野菜ジュースなどの形で手作りして摂取していた人にも手軽で面倒が無いので続けやすい、と人気のようです。朝食をドリンクに置き換えるだけで、しっかりと栄養は摂取できる上に酵素の働きで代謝が上がり、ダイエットに効果があるだけでなく憧れの美肌をも容易に手に入れることが出来るというのも人気の理由の1つでしょう。
 
従来のダイエットのような食事制限や運動などの辛い要素がほとんどありません。また腸内環境を綺麗にする、という野菜酵素の特徴からこれまで便秘に悩んでいた人も解消されるなど、これら二重・三重の副次効果で今や野菜酵素ドリンク無しのダイエットは考えられない、という人も多いようです。また野菜酵素の活性酸素への働きかけに注目し、ガン細胞を弱らせ、撃退しようとする考え方も免疫病理学に於いては注目され始めている理論です。また野菜酵素で免疫を高めることによってガンのみならずあらゆる病気に強い体内環境を作る、さらにはアンチエイジング効果を高めるなど様々な酵素の新しい利用法が発見され、応用が試みられています。

酵素ドリンクは糖度の低いものを選んで飲むと、より効果的です

酵素には消化酵素代謝酵素の2種類があります。
消化酵素には食べた物の消化吸収を促す効果が、
代謝酵素には新陳代謝を促す効果があります。人間の体はこの2つの酵素によって、栄養分をしっかり吸収し、老廃物や毒素を排出し、健康状態を保っているのです。

 

しかし現代の日本には食べ物が溢れており、必要最低限の食事で済ませるという習慣がなくなっています。食べ物を過剰に摂取すると、体内にある酵素だけでは対処しきれず、消化や排出が十分におこなわれず体内に蓄積してしまいます。
 
そうなると脂肪や毒素がたまっていき、見た目も健康状態も悪くなります。いわゆるメタボリックシンドロームという状態になってしまうのです。メタボリックシンドロームは糖尿病や心筋梗塞などの疾患を引き起こすリスクを高くするため、現在非常に問題視されています。

 

これを防ぐには、食べ物の過剰摂取を控えることと体内の酵素の量を増やすことが必要です。酵素は、酵素サプリメントや酵素ドリンクを飲めば手軽に摂取できます。特に酵素ドリンクは、液状であるため酵素が体内に吸収されやすく、スピーディに効果を発揮してくれます。

 

ただし酵素ドリンクは、飲みやすくするために甘い味付けをされていることが多いです。酵素は野菜や果物から抽出したエキスを発酵させることで作られるのですが、そのままでは酸味が強く飲みづらいため、製造過程で砂糖が加えられています。つまり酵素ドリンクを飲むと、酵素の摂取もできますが、同時に糖分も摂取してしまうことになるのです。
 
含まれている糖分の量は酵素ドリンクの種類によって異なります。糖度が30%程度のものもあれば、60%ほどあるものもあります。いずれも体内に良質の酵素を取り入れることができる点では同じなので、メタボリックシンドロームを予防する効果があるのですが、糖度が低いものの方がより高い効果を期待できます。

 

ですから真剣にメタボリックシンドロームの予防や改善をしたい人は、酵素糖度の低いものを選んで飲むと良いです。酵素糖度の低い酵素ドリンクでも、糖分が全く入っていないというわけではないので、ある程度の甘みはあります。また原料である野菜や果物が本来持っている甘みもしっかりと存在していますので、それなりのおいしさを味わうことはできます。

 

酵素ドリンクを飲むことによって酵素が体内で活発に働くようになれば、脂肪がどんどん燃焼されてスリムになることができますし、毒素がたまりにくくなるので内臓も十分に機能しますし、毒素による肌荒れも起こさなくなります。体の内外に、良い影響が多く出てくるようになり、美しく輝く健康体になることができるのです。

酵素ドリンク飲んでる方に質問です?アンチエイジングやダイエットの効果はどうでしょうか??

Q. 最近ananという雑誌に掲載されてたので酵素ドリンクにとても興味を持ちました。
ダイエット効果も抜群で新陳代謝が活発になったり、老化防止にも大変効果的だということでした!
 
私もこれから飲んでみようかな?と思うのですが、実際に酵素ドリンクを飲んでる方や詳しい方の意見を教えてほしいです!
よろしくお願いします。 という質問がありました。
 
A. 私も酵素ドリンクに興味があって色々と調べておりました。
 
潜在酵素の量は年をとるごとにごとにが年々低下していき、やがて体の機能や免疫力も低下してきます。
それが老化の原因であると言われております。
酵素ドリンクを毎日継続的に飲むことによって、代謝がドンドン上がり、やせ体質へと変化するそうです。
 
 
おそらく ananに載ってたのは、手作りの酵素ドリンクだったのではなかったでしょうか?
自分で酵素ドリンクを作ってみようという方は当サイトでも作り方の紹介をしておりますよ。
ですが、作るのがちょっと大変…という方は当サイトで購入するのが手っ取り早いと思います。

自宅で簡単にできる酵素ドリンクの作り方

酵素ドリンクは、購入すると1本あたり数千円ほどしますが、自分の手で安く、しかも意外と簡単に作ることができます。酵素ドリンクの作り方は、基本的に野菜と果物とを刻んで、砂糖と一緒に瓶詰めにして放置するだけです。
 
もっと具体的にご説明しますと、まず材料にする野菜と果物は、自分の好きなものであれば何でも良いです。風味を良くするためには、できるだけ苦味のない野菜を選びます。
 
ほうれん草やキャベツや小松菜などが良いです。そしてそれよりもやや多めの量の果物を用意します。野菜との比率は4対6程度で、やや果物を多くします。それらをできるだけ薄く刻み、瓶に入れてたっぷりの砂糖と混ぜ合わせます。砂糖の量は、野菜や果物とほぼ同じくらいにします。砂糖が多いとカロリーが高くなるイメージがありますが、砂糖は分解されて発酵のエネルギーとして使われるので、問題はありません。そして瓶に少し隙間を開けて蓋をして、直射日光の当たらない常温の部屋に置きます。1日1回かきまぜれば、2週間ほどで材料が発酵して瓶の中は酵素エキスでいっぱいになります。エキスが抜けて小さくなった野菜や果物を除去すれば、酵素ドリンクのできあがりです。時間はかかりますが、好きな材料を使って好きな味にすることができますし、数百円程度の材料でたっぷり作ることができるのでお得です。
 
酵素ドリンクの詳しい作り方はこちらを参考にしてみてください。
 
                      
                          酵素ドリンクの作り方   はこちら。
 
 
               

 

 

 

 

痩せるためにはどうしたら良いのか

痩せるために努力をしている人は多くいます。しかし、年齢とともに痩せることは難しくなってくるものです。
 
どうして痩せにくくなってしまうのかというと、それは代謝が悪くなってしまうからです。代謝が悪くなると運動を行っても効果が得られにくくなります。なので、痩せなくてダイエットを断念してしまう人も多いです。
 
代謝を上げていくにはまず、大事なのが筋力です。筋力が少ないと代謝が落ちやすいので意識をして筋力をつけていくことが良いです。筋力をつける時には簡単なものでも良いです。
 
ダンベル運動などのような簡単で続けられやすいものを行っていくと良いです。そして、代謝を上げるには酵素も大事なものです。酵素が体の中に足りていないと代謝が悪くなってしまうので補っていくことが大切です。酵素は生の野菜に多く含まれています。
 
生の野菜を毎日たくさんとる努力をすることでも酵素は十分に補えるのですが、生の野菜を多く食べるということは意外と難しいものです。なので、酵素を補う時には酵素ドリンクを活用していくことが良いです。酵素ドリンクの効果はすぐには出ないものです。あまり代謝が上がった感じがしなくても、少し長い期間続けてみることが大事です。続けていくことで、酵素の効果を感じることができます。

酵素ドリンクのおいしい飲み方

ダイエットやアンチエイジングにとても効果があると言われている酵素ドリンクは、野菜やフルーツを発酵させ濃縮した植物発酵エキスで作られています。しかも市販の酵素ドリンクはジュースのように飲みやすく味も整えられています。
 
しかし、酵素独特の味もありますので飲みにくいと感じる人もいます。体にいい酵素ドリンクをせっかくならおいしく飲めるように、ここでは酵素ドリンクのおいしい飲み方をご紹介します。
 
酵素ドリンクをより美味しく飲むには、他の飲み物と割る飲み方がメジャーです。酵素ドリンクが飲みやすい味に整えられている場合はお水でも十分美味しく飲めますが、それではちょっと飲みにくいという場合は炭酸水がおすすめです。炭酸ジュースにして飲むことで爽やかに飲めますし、なにより空腹も誤摩化せます。
 
薄めるだけではどうしても飲めないという人は、ハーブティーなどのフレーバーのあるお茶で割って飲むのも美味しいです。この場合、酵素は熱に弱いので冷やしたお茶と合わせるようにして下さい。
 
また、豆乳で割って飲むのも美味しいです。フルーツヨーグルトドリンクのような味になって、しかも大豆イソフラボンも同時に摂取できます。朝からグリーンスムージーを飲んでいる人はスムージーに加える飲み方もおすすめです。

手作り酵素ジュースの作り方

体に必要な酵素を効果的に取り入れられる酵素ジュースを手作りで作ることができます。
 
市販の酵素ドリンクは数十種類の材料を使っていることがほとんどですが、手作りでは基本的には単一の食材で作ります。旬な野菜や果物で作ると季節感もありとても美味しく頂けます。今回は酵素ジュースの作り方をご紹介します。
 
ガラスやプラスチックなどの透明な容器を使います。果実酒を作る時に使う瓶などがあればベストです。材料を水洗いします。農薬が心配な果物はボールに小さじ1杯程度の重層を入れ材料を1分間程浸して水洗いするといいです。重層は掃除用ではなく食品添加物として売られている口に入れても大丈夫なものを使います。
 
つぎに、材料を切りますが果物や野菜は皮が付いたまま使います。丸ごと使うよりも細かく切った方が発酵が早くスムーズにジュースが作れます。切った材料を砂糖と一緒に容器の中に入れます。砂糖の分量は材料の野菜や果物と同量か1割多いくらいを使います。なるべく天然の砂糖(てんさい糖)がおすすめです。
 
補完場所は日光が当たらない場所で冷蔵庫には入れません。36度くらいで発酵がすすむので寒い時期はタオルを巻いたりします。一日2回程混ぜますが、このとき素手で行うと手の常在菌が発酵を促してくれます。1〜2週間経ち全体に泡がしゅわーっと出るようになったら完成です。酵素ドリンク同様、水やスムージーなどに加えて飲みます。