ダイエット中によくある停滞期とは

ダイエット中によくある停滞期とは

男女問わず、多くの人が取り組んでいるのがダイエットです。しかし、継続的にダイエットをしていると、必ず誰でもぶつかる壁があります。それは、ダイエットの停滞期です。
 
時期を乗り越えなければ、目標の体重まで痩せることができません。そこで、ダイエットの停滞期を乗り越える方法を紹介します。
 
まず一つ目は、栄養を摂ることです。ダイエットと言うと、単に食事量を減らす人がいますが、ビタミンやタンパク質などの摂取が減ると、脂肪の吸収率が高まってしまうため、摂取を心掛けると良いです。
 
次に二つ目は、筋肉をつけて代謝を上げることです。代謝は筋肉量が深く関わっており、代謝が上がれば脂肪を燃焼しやすくなります。さらに、ダイエットしてもリバウンドしにくい体になるので、筋トレや高タンパクの食べ物を摂ることが最適です。
 
そして三つ目は、カロリー計算をすることです。実は、食事に気を付けていても、カロリーの高い飲み物や食べ物を摂取している可能性があります。そのようなことがないかどうかを知り、自分が1日にどれほどのカロリーを摂取しているのかを把握します。そうすれば、体重が減らない原因を突き止めることができるかもしれないです。
 
最後は、ダイエットしていることを周囲に宣言することです。周囲に宣言することで、自分のダイエットに関する意識がより高まり、誰かと食事をしている時も気を付けるようになるからです。

正しいダイエット法で理想の体型を手に入れる

正しいダイエット法とは、簡単にいうと摂取カロリーよりも消費カロリーを大きくすることです。
 
しかし、ただ単に食べ物や飲み物を摂取しなければよいというわけではなく、きちんと食事をとりながら運動をすることが大切です。食べ物や飲み物を摂取しなければ、確かに一時的に体重やサイズがダウンすることはあるかもしれませんが、健康や美しさが損なわれてしまいます。
 
一日3回の食事はきちんととり、間食はやめて運動することが健康や美しさを損なわないダイエット法です。食事に関しては素材や調理方法、食べる時間なども考慮します。運動に関しては有酸素運動で脂肪を燃焼し、筋肉トレーニングで引き締めるというのが理想です。
 
ダイエットを始めると、最初のうちは順調に体重やサイズがダウンしていきますが、誰にでも必ず停滞期というものがやってきます。停滞期に突入すると、いくら努力しても体重やサイズがなかなかダウンしなくなります。
 
ここでくじけてダイエットを止めてしまうと、ダイエットをする前の体重やサイズ以上に増えてしまうリバウンドとなってしまいます。この停滞期を乗り越えるのがダイエットをするうえでの大きな壁になります。また、食べたい物をガマンし続けるとストレスが溜まってしまいますので、たとえば3kg体重が落ちたら少しだけ好きなものを食べて、自分にご褒美をあげるといったこともダイエットを続けていくうえで大切です。

 

 

TOPページへ