酵素ダイエット 効果

睡眠不足は酵素が減る原因

 

いくら酵素を摂取したとしても睡眠不足では酵素ダイエットの効果は得られません。
それはなぜかと言うと、睡眠中にわずかながらも酵素が生産されると言われているのですが、睡眠不足では生産することができません。
 
本来酵素は体内の代謝をアップし、脂肪分を分解して
体内の環境を整え健康的な体にすることでダイエット効果を得るというものなのですが、睡眠不足は酵素の生産を阻害するだけでなく、
なかなか増えることのない貴重な酵素を睡眠不足によって大量消費してしまう事も分かってます。
 
以前にも述べましたが20代から酵素の生産能力は衰えはじめ、自力での生産は困難になってくるのです。
ですから酵素飲料などで摂取することが効率よいのですが、睡眠不足ではせっかくの酵素もどんどん消費されてしまいます。
 
酵素を維持するには、元々体内に蓄積されていた酵素を消費しないよう規則正しい生活をおくること、次に体外から酵素を取り込むことで酵素を増やす。この2点だと思います。 
ですから健康な体を維持するには充分に睡眠をとることが必要なのです。
 
 
 
 

                                    

体内で酵素が作られる時間帯を知っていますか

酵素は元々人間の体内にも存在する成分です。酵素があるおかげで我々は生活をすることができ、食べ物の消化や吸収、代謝や排泄などに酵素は大きく関わっております。
 
最近では、ダイエットや美容のための酵素サプリメントが注目されてますが、酵素は人間の体内でも作られております。体内で酵素が作られる時間帯は夜寝ている間です。つまり、夜遅くまで起きている人は、酵素が作られる量が健康的に生活している人と比べて少なくなってしまい、体内に毒素がたまってしまうために、朝起きたときに体がダルいなどの症状の原因の一つとも言われております。
 
また、睡眠は肌の調子とも関わっているために、十分な睡眠時間は8時間必要であると言われ、酵素の事だけではなく健康や美容のことを考えるのであれば、理想としては夜の10時頃には寝るのが理想であると言えます。ただ、現代社会では夜遅くまで起きている人が多く、夜10時頃に寝るのはなかなか難しいのが現状です。難しいとはいえ、なるべく早めに寝るようにして、十分に体内で酵素が作られるように規則正しい生活をするように心がけた方が良いです。その時、体に負担をかけないためにも、寝る前には食べ物を食べないようにするとさらに良いです。