酵素ダイエット 効果

お酒の飲みすぎは酵素を消費する

お酒好きの方はよく聞いて欲しいです。毎日お酒を飲まれる方、また付き合いでたまにお酒を飲まれる方。
お酒を飲むと少量で酔っぱらう方がおられますが、こういう方は極端に体内の酵素が不足しており、アルコールの分解が全然できていないからこういう現象が起こります。
 
また二日酔いになる方は、アルコール分解するための酵素が不足しているため、体内にアルコールが分解されずに残った状態が続いた為に二日酔いが起こります。
アルコール分解を行うにはアセトアルデヒド脱水素酵素と呼ばれる分解酵素が働きかけます。
これによって酵素が大量に消費され酵素不足に陥ってしまうわけですね。
 
しかし普段から酵素を摂取しておられる方は体内に十分な酵素が貯蓄されているために、同じ量のアルコールを飲んだとしても中々酔わないという事が起こるわけです。酵素がたくさんあれば素早く体外へアルコールを排出できるわけです。ですから普段から酵素を摂取しておられる酵素ダイエッターはお酒好きな方にとってとても朗報なわけですね。
 
 

 

 

                                                 

 

トップページ

酵素ダイエット時のお酒について

酵素ダイエットが最近はやっております。酵素ダイエットとは、酵素ドリンクなどの健康食品で酵素を補いながら健康的にダイエットを行う方法となっております。
 
酵素は、生物の体内に存在し、食物の消化や吸収、代謝活動などに大きく関わっており、生命活動を維持するためには欠かすことの出来ない存在です。酵素ダイエットでは、酵素を体外から取り込むことで酵素の力を活用して代謝を促して健康的に痩せるという方法です。
 
ただ、酵素は熱に弱いために加熱した食品からは補う事が出来ません。そのために生で食品を摂取する必要があり、生野菜や果物からの摂取がメインとなります。現代の生活では野菜の摂取が不足している人が多く、酵素も不足しがちな人が多くなっております。
 
そこで酵素ドリンクなどのサプリメントを活用する事で手軽に酵素を補うことができます。ここからがここでの本題となる、酵素ダイエットとお酒の関係ですが、一緒におつまみも摂取したくなるので、そういう意味では酵素ダイエットに限らずにダイエットをするのであればお酒は飲まない方が良いと言えます。
 
しかし、酵素ダイエットは酵素を活用するダイエットであるということからも、お酒は控えた方が良いです。お酒を飲むと胃や小腸で吸収され肝臓に運ばれますが、お酒を飲むと酵素によって分解されます。つまり、酵素の浪費につながり、ダイエットのためだけではなく、健康にも良いとは言えません。
 
アルコールと酵素の働きについて簡単に説明します。まず、アルコールが体内に入ると、ADH、アルコール脱水素分解酵素がアセトアルデヒドと水素に分解します。アセトアルデヒドは悪酔いの原因となる物質ですが、これはさらに、ALDH、アルデヒド脱水素酵素によって無害な酢酸と水素へと分解します。そうした酵素の働きによって体外に排出されます。この様に、お酒一つをとっても酵素の働きがとても大切なのです。
 
酵素ダイエットを行う場合は、今説明したようにカロリーだけの問題だけではなく、酵素の浪費という二重の意味でも良くないと言えます。また、日本人は元々アルコールを分解する能力が欧米人と比べて弱いのですが、これも酵素がからんでおります。
 
先ほどの説明に出てきたALDHには2種類あるのですが、欧米人は分解能力の強い酵素である人が多く、逆に日本人は分解能力が弱い酵素である人が多いのです。お酒はストレスを発散させたり、リラックスするのに役立つという面もありますので、一概に悪いとは言えませんが、酵素ダイエット中は止めておいた方が良いです。

 

 

 

TOPページへ