酵素ダイエット 効果

酵素の種類

 

酵素の種類は大きく分けて3種類あります。
 
@消化酵素…私たちが普段食事をすると当たり前のように胃から腸へと送
         り出されます。
        胃で消化されて腸で栄養分だけが吸収されるような仕組みに
         なっています。
         ですから消化酵素は食べ物の消化と栄養分の吸収を助ける
         役割を持っていると言えます。
 
         
         消化酵素は更に3種類に分けられ、
 
         ・デンプンを分解するアミラーゼ、           
 
         ・タンパク質を分解する役割のプロテアーゼ
 

         ・脂肪を分解させるリパーゼ
 
         が存在します。
 
 

 

     
 
         消化酵素についての詳しい動画解説
 
 
A代謝酵素…吸収された栄養素を体内の各細胞へと届けて新陳代謝を良
         くする働きのことです。
         人間の体が1日で生産できる酵素の量は決まっており、
         食べ物の消化に使われる消化酵素と代謝酵素の2つを生産
         するのですが、消化酵素の方が多く使われる傾向にり、
         代謝酵素は不足がちと言えます。
         年齢が高くなるにつれこの代謝酵素が不足して、基礎代謝
         が低下することで太りやすい体質になってしまうわけです。
 
   

 

          代謝酵素についての詳しい動画解説
 
 
 
B食物酵素…その名の通り食物に含まれており、食品内の栄養素に様々
         な反応を起こさせて、新しく栄養素を生み出したり、
         またその栄養素が体内に吸収されることで健康な体になる
         わけです。食物酵素は生の食品にしか含まれておりませ 
         ん。熱に弱いためです。ですが食物酵素を摂りたいがため 
         に多くの物を摂取すればカロリーオーバーで逆に太ってしま
             います。ですからそういう時は酵素食品で酵素を補う必要が
         あるのです。         

三大酵素とその働きについて

私たちのからだの中には酵素と呼ばれるものが多く働いています。酵素とは、からだの中で働いてくれる触媒の一種であると考えられている物質です。
 
触媒というものは、化学反応を容易にすすめるように手助けをしてくれる物質です。触媒を入れる事によって本来ならば温度を高めたり、圧力などの条件を変更しなければならない反応を特定の条件下ですすめる事が可能になります。
 
酵素はからだの中の多くの反応を容易にしています。そんな酵素の中に、三大酵素と呼ばれているものがあります。 三大酵素と呼ばれるものは食べ物を消化してくれる消化酵素を始めとし、代謝を助けてくれるような代謝酵素、食べ物から摂取することができる食物酵素と呼ばれているものです。
 
この三つの酵素はからだの中の老廃物を処理するためなどに使用されているため、美容やダイエットなどに注目されています。 それぞれの詳しい働きとして、まず消化酵素というものはその名前の通り、消化という反応を助けてくれる酵素です。 消化酵素はからだの中にある多くの分泌線から分泌されており、それぞれ異なった働きをしています。 唾液の中にもアミラーゼと呼ばれる酵素が存在しており、炭水化物などによって摂取されたでんぷんを分解して消化しやすい形に変更していきます。
 
胃の中に分泌されるペプシンは、タンパク質を分解してエネルギーに変えていく手助けを行っています。 膵臓という臓器からは多くの消化酵素が分泌されており、タンパク質を分解するトリプシンやキモトリプシン、カルボペプチダーゼのたぐいも分泌されています。
 
これらの消化酵素によってからだの消化は助けられ、適切な栄養を取り入れる事ができているのです。 代謝酵素と呼ばれるのは、からだの中の老廃物などを代謝する行為を手助けしてくれると考えられている酵素です。 代謝酵素の働きを高める事によって基礎代謝が上昇するという意見もあり、代謝酵素の働きは美容にも関係があるという考えもあります。
 
 食物酵素と呼ばれるものは体外から食物によって取り入れる事ができるとされている酵素で、納豆や豆腐などの発酵食品に多く含まれているとされています。 この食物酵素を効率よくからだに取り入れる事によって、代謝酵素などの働きを手助けすることができるという説もあります。 これらの酵素の働きを活発にし、適切な管理をしていくことによってからだの中に老廃物を貯めないようなからだを作る事で、美しいからだを保つ事ができると考えられています。

美容や健康に良いノニ酵素のパワー

ノニとは、熱帯地方に生息する植物で、学術名ではモリンダシトリフォリアと言います。ノニは実をつけてから数週間経過すると発酵しはじめて、酵素やアミノ酸、ポリフェノールなどの豊富な栄養が含まれます
 
ノニはポリネシアでは、ハーブの女王、神からの贈り物、などと呼ばれ2000年以上に渡って島の人々の美容や健康を支えてきました。日本では、比較的最近になって話題になるようになりましたが、これには理由があります。
 
まず、このノニの果実は非常に独特な臭いを有しており、チーズの腐ったような臭い、などと例えられて、とても日本人には受け入れられるようなものではありません。そのために、これまであまり知られておりませんでした。しかし、ノニに関する研究が進むとその状況は次第に変わってきました。
 
様々な栄養素が含まれている事が分かり、美容にも健康にも良いということで世界中にしだいに広まっていきました。そして、その独特の臭いを少しでも抑えて飲みやすくするために様々な工夫もされております。
 
現在では、ノニジュースやノニ茶、ノニ石鹸など健康食品やサプリメントとして日本でも様々な商品が販売されております。ノニの基本的なお話はこれで終了し、続いてノニ酵素効果について説明します。
 
ノニは、様々な栄養素が含まれていると述べましたが、その種類は140種類に上り、日本でも栄養が豊富であることで有名なローヤルゼリーの3倍にもなります。
 
まず、アミノ酸が豊富に含まれており、体内で合成できない必須アミノ酸9種のうちの8種が含まれております。この中には、筋肉のエネルギー源となるものがあり、筋肉の組織を活性化させてくれます。そうすることによって基礎代謝が向上し、消費カロリーが増えることでダイエットに効果があります。
 
また、ノニにはイリドイド配糖体という薬理活性や生理活性効果がある成分が含まれます。この成分には、抗酸化作用がありアンチエイジング効果が期待できます。また、抗酸化作用によって、血液の流れを良くすることで動脈硬化になりにくくし、心筋梗塞や脳卒中、ガンに対しても効果があります。スコポレチンという成分もあります。このスコポレチンは血管を拡張する作用や柔らかくする作用があります。
 

それによって、血圧を下げる効果があり、高血圧の人に対して効果があり、動脈硬化を防ぎます。この他にも、ノニには様々な成分が含まれており、それらの相乗効果によって美容や健康に良いのです。

制限酵素の名前の表記ルールについて

生物学関係の学術論文を書くにあたっては、この分野独特の文章作成ルールに則って書くようにする必要があります。多少書き方が違っていても意味が通じれば良いではないかと考える人がいるかもしれませんが、長い学問の歴史の中で習慣として定着してきたルールですので、遵守する必要があります。
 
学術論文を書く際の約束事は世界的に統一されていますので、このルールに則って書くようにしていれば、混乱を生じさせてしまう心配がありません。ルールを無視して好き勝手な形式で書いている場合には、読み手に誤解されてしまって自分の意図を正しく理解してもらうことができなかったとしても自業自得ということになってしまいます。せっかくの大発見が論文の書き方の不備でもたもたしているうちに、よそに抜かれてしまうということもありえますので、些末なことだと軽視したりせずに、正しい書き方のルールをマスターしておく必要があります。 
 
たとえば、制限酵素とイタリックの関係についても正しく理解しておかなくてはなりません。
 
制限酵素というのは、DNAの特定の塩基配列を識別してこれを切断する核酸分解酵素の一種です。必須因子や切断様式によって大きく3種類に分けることができるのですが、制限酵素が発見されたことで遺伝子組み換え実験をすることが可能になりました。
 
また、ヒトゲノム解析や遺伝子診断にも利用されています。 論文を書いている際に、制限酵素の名称を書く必要が生じた際には、以下の点に注意する必要があります。
 
まず、名前の最初の3文字はイタリックで書くことになっています。なぜかと言いますと、最初の3文字はその制限酵素が精製されたバクテリアの学名に由来しているためです。英語では、ラテン語はイタリックで書くことになっています。そしてバクテリアの学名はラテン語ですので、結果として最初の3文字についてはイタリックで書くことになるわけです。
 
日本語で文章を作成している場合でも、これに準じてイタリックで表記することになっています。ただし、4文字目以降の部分についてはブロック体にすることになっていて、イタリックにすることは絶対にありません。この4文字目以降の部分というのは、株の名前を表すアルファベットと、その株の何番目の制限酵素であるかを表すローマ数字の部分で構成されています。 
 
このような理由から、従来は制限酵素の名前はイタリックとブロック体の混合表記が正式ルールとなっていたのですが、最近になって全てをブロック体で書いても良いことに変更されました。なので、学術雑誌を見ると両方の形式が併存しています。

制限酵素のメリットについて

近年、ダイエットについて関心を持っている女性が全国的に増加しています。ダイエットの方法はいろいろなものが存在するものの、身体への負担を最小限に抑えることができる方法が支持されています。かつて日本国内で出回っていたダイエット方法のほとんどが栄養失調などの健康を害するものでした。
 
そうした中、最近では大手の健康食品メーカーの間でダイエット食品の研究開発がすすめられるようになっており、人気のあるダイエット商品はインターネット上でも大きな話題となっています。
 
特に、制限酵素を含んだサプリメントは若い女性のダイエット方法のひとつとして取り入れられており、ここ数年で圧倒的な支持が集まっている状況にあります。制限酵素のメリットについては美容雑誌や健康雑誌などでも大きく取り上げられており、何よりも副作用が一切生じないことが特徴とされています。
 
制限酵素は継続的に人体に取り込むことによっていろいろな面での健康に役立てることができます。インターネット上の口コミサイトやランキングサイトなどでは人気のある制限酵素のサプリメントについての情報交換が積極的に行われており、若い女性からの人気が高まっています。
 
制限酵素には体内の消化から吸収を助ける作用があるために、効果的に摂取することは健康改善のためにも役に立つといわれています。また、最近では美肌効果を持っている制限酵素も注目されているために、美容対策に積極的に取り組んでいる女性にとってはマストアイテムのひとつとなっています。
 
制限酵素のサプリメントはコンビニエンスストアやドラッグストアなどで販売されていないことが多いために、インターネット通販サイトを利用することが勧められています。制限酵素のサプリメントは1カ月当たり5千円以内で試すことができるために、ダイエットはもちろんのこと、健康に悩みを抱えている人にとっても人気があります。
 
インターネットユーザーの間では各メーカーから販売されている制限酵素の特徴が大きなテーマとなっており、活発に情報のやり取りが行われています。制限酵素のサプリメントには美容に良いビタミンやミネラルなどが含まれているものが登場しており、若い女性からの注目が集まっています。制限酵素は今やファッション雑誌や美容雑誌などにも紹介されるようになっており、日本人女性の間での知名度が圧倒的に高まっている状況にあります。今後もさらに酵素ダイエットについての関心が寄せられるとみられています。

栄養学酵素を補って美容効果アップ

健康や美容に良いとされる成分は様々ありますが、酵素もその一つです。酵素は食物の消化を始め呼吸や排泄など、人間の生命の活動に深く関わっていることで知られています。中でも消化に使う酵素は有名で、毎日の食事を効率良く消化し栄養分として体内に吸収するのに大きな役割を果たしているのです。 
 
最近は、この酵素の不足が問題になっています。脂っこい食事や甘いものの食べ過ぎなど、現代人の食事は乱れがちになりますが、このような場合特に状況は深刻になるのです。私達の体には元々こうした酵素が一定量作られています。ですが食べ過ぎ、飲み過ぎなどで体内の酵素を消化に使い過ぎてしまうと、体内の総酵素量が減り色々な影響が出てきてしまうのです。 
 
酵素は消化を始め体の代謝機能と深く関わっています。ですので、例えば、糖尿病などの方には特に必要となる栄養素と言えます。糖尿病では糖の代謝が落ち、血液中の糖分が増えてしまいますので、代謝を上げる酵素を補うことが病気を治す上でも一つの鍵となってくるのです。幸い、こうした酵素は食べ物などで外から補うことが出来ます。
 
最近では様々な酵素の栄養補助食品が販売されていますが、血糖値を気にされている方や糖尿病の方には特に向いている食品と言えます。 酵素を補うための補助商品は現在多種多様です。ドクダミやハトムギなどの野草、ゴボウやニンニクなどの野菜が含まれた栄養学酵素が豊富な商品も出てきており、好みの一品を選ぶことが出来ます。
 
形状も様々で、ドリンクタイプや錠剤タイプなどがあり、食生活に合わせた選択が可能です。商品を選ぶ場合、重要となるポイントがあります。
 
それは自分が継続して飲み続けられそうな商品を選ぶということです。手軽に飲める錠剤タイプであればさほど問題はありませんが、より吸収されやすいドリンクタイプの場合、やはり含有成分独特の苦みやにおいなどが気になることがあります。
 
野草や野菜が含まれる場合特にこうしたことがあり、最近では微量の黒糖を加えてまろやかな甘みを出すなど、飲みにくさに配慮された商品が出始めています。 一言に酵素を補う補助食品といっても実態は様々です。製造方法や使われている原材料、商品価格などを総合的に判断して、自分に合った商品を選ぶことが大切になります。酵素は熱に弱い性質がありますので、通常の食事から摂ることが難しいですが、酵素を補う補助食品を効果的に利用すれば、手軽に体内酵素を増やして代謝の良い身体を作ることが出来るのです。

人工酵素とはどのようなものか

人工酵素は、酵素の働きを有する人工化合物や、もともと存在していた天然の酵素や生体分子を人工的に改変して新しい性能を持たせるようにしたもののことを指しています。
 
天然の酵素は、常温・常圧の条件下で非常に効率よく化学反応を促進させる機能を有しているのですが、非常に不安定な特性を持っており、少し気温や気圧が変わっただけで、変化したり破壊されてしまったりするという難点があります。
 
また、天然の酵素はあまり大量には生成されません。そこで、人間が手を加えることによって安定性が高く大量供給が可能となる人工酵素の研究・開発が進められるようになりました。 酵素は、化学反応を促進させる触媒としての機能を有する分子です。
 
たとえば、人間の体内でも至る所で酵素が生成されており、生成された酵素が消化や吸収、代謝、排泄等、人間の生命維持に欠かすことのできない全ての過程に深く関与しています。
 
人間は、生きていくために必要な化学変化を体内で促進させるために酵素の恩恵を享受しているだけでなく、古来から食物を保存するために発酵という形で酵素を利用してきました。しかし、現在では、発酵食品の製造だけでなく、日用品の性能改善や化学工業製品の製造などに幅広く活用されるようになってきています。
 
ただし、先程も述べたように天然酵素の量は少ないですし、pHや温度が少し変わってしまっただけで変性してしまうという難点があるために、天然酵素はあまり実用には向きません。
 
そのために、人工酵素が必要とされているのです。 味噌や醤油、酒、納豆などの発酵食品を製造するために酵素が必要であることはよく知られていますが、それ以外にも様々な食品加工で利用されています。
 
たとえば、果汁の清澄化や苦味除去、食品の日持ち向上、肉質の軟化、味質の向上などの目的で活用されています。酵素が食品加工に用いられることが多いことについては知っている人がたくさんいると思いますが、最近では化粧品や洗剤などに付加価値をつけるために酵素が利用されることが多くなってきています。
 

洗剤の場合ですと、単純な汚れは界面活性剤だけでも落とすことができるのですが、汗ジミのようなタンパク質を含む汚れはなかなか落とすことができません。そこで、タンパク質を分解する機能のある酵素が添加された酵素入り洗剤が最近はかなり増えてきています。その他にも、肌のムダ毛を分解除去する機能のある酵素が加えられた化粧品や医療分野で活用されている酵素がたくさんあります。

腸免疫酵素を向上させるために

免疫力が落ちると、疲労感が取れなかったり、首や肩が重たいなどの症状が現れます。研究によって明らかになったことは、小腸の粘膜である腸管に免疫機能のおよそ80%が集中していることです。
 
端的に言えば、腸が健康なら免疫機能が高まるといえます。そのポイントとなるのが酵素の働きなのです。腸に免疫機能が集まっているわけは、人間の身体の内部構造を考えると整合性があります。
 
食物を取り入れる場合、口から胃、腸を通過して肛門に到達します。これは一本の管のようで、体内に存在しながら外にも接触しています。栄養を吸収する働きとは別に、外部から侵入する有害物質や病原菌をブロックする小腸のポジションは、言うならば関所の役割を任せられいるのです。
 
ただし善玉菌が不十分だと、しっかりと免疫機能を発揮することが難しくなります。そのため腸内を正常に保つために手助けするのが酵素なのです。酵素は食物の消化を手助けし、代謝を活発にする役目を担っているので、生き物が健康に活動するための生成や維持に欠かすことのできない物質といえます。
 
研究で分っているだけでも、酵素は約13000種類も存在します。それはたんぱく質の分解を助けるのがプロテアーゼ、炭水化物はアミラーゼのいうように、1種類の酵素は1つの役割しか担っていません。人間の体内は、言い換えると栄養をしっかりと役立てる状態に再構築したり、有害物質を分解する工場です。そこに必要不可欠なのが酵素といえます。
 
酵素を増やすには、まず食べ物から取り入れる方法があります。酵素の含有量が多い納豆や味噌などの発酵食品や、果物や野菜などを積極的に取り入れることで、腸免疫酵素が向上します。
 
その他には、人間が生まれながらに備えている酵素です。これは体内でのみ生成される酵素で、1日の生成量も少ないです。酵素は栄養素を吸収や消化したり、毒素を体の外に排出したり、古い細胞を再生するなど新陳代謝の役割も担っています。そのため酵素を無駄に使用しないために、日常の生活を規則正しくすることが大事です。
 
そして身体は、年齢を重ねるとともに酸化します。活性酸素が身体を酸化させ、体内の酵素を減らすのです。携帯電話のバッテリーも長期間使用していると、使用時間が減少するのと同様に、身体のなかのバッテリーも衰えていきます。そのため適切な睡眠などで体を休息させ、十分に酵素を充電させ、また温存を心がけることが健康にとって重要です。

水素や酵素の力で健康的で美しく

水素の力酵素の力は、美容にも健康にも大きな力となります。それぞれ順番に見ていきます。まず、水素の力についてです。我々多くの生物にとって酸素は生きるためにも必要な存在です。体内に酸素を取り入れることで我々は生きておりますが、取り入れた酸素の1,2%程度は活性酸素になります。
 
この活性酸素はウイルスなどを攻撃して身を守ってくれる大切なものなのですが、ガンや動脈硬化などの病気や老化の原因にもなってしまいます。活性酸素には、このように大切な善玉の活性酸素と病気や老化の原因となる悪玉の活性酸素があります。
 
そこで水素の出番で、水素は悪玉の活性酸素と反応して無害な水となり、尿として体外に排出してくれます。水素の力はそれだけではなく、体内の細胞に存在するミトコンドリアに作用することで、エネルギーを効率的に作ることが出来るようになります。効率的にエネルギーを作ることが出来るようになると、老化による疲労回復や運動能力の改善にも役立ちます。
 
続いて、酵素の力について説明します。酵素は我々の体内にも存在し、食物の消化や代謝のために必要となります。食物の消化に用いられる酵素を消化酵素、心臓の鼓動など代謝のために用いられる酵素を代謝酵素と言います。この様に体内に元から存在する酵素もあるのですが、食物からも酵素を補うことができます。
 
体内にある酵素は加齢とともに減少してしまいます。特に、暴飲暴食を続けたり、肉や魚といった消化に時間がかかる食物ばかりを食べたり、喫煙や過度のアルコールの摂取などは酵素の浪費につながり、酵素が不足することで様々な体調不良の原因ともなります。
 
水素と酵素、両者の力について簡単ではありますが説明をしました。ここで、現代の生活を見ていくと、過食による酵素の消費、食生活の欧米化による肉食中心でも酵素の消費、生野菜や果物による食物酵素の摂取不足などが酵素の浪費につながります。
 
また、農薬や電磁波、ストレスなどは体内の活性酸素を増大させることにつながります。この様に現代の生活を見てみると、科学技術が発達して世の中が便利になっているにもかかわらず、体にとっては悪いことも多くなっております。そこで、健康食品やサプリメントによって、酵素や水素を体内に取り込むことによって体調を改善したり美容効果が期待できます。最近では、酵素や水素を体内に取り込むための健康食品が販売されておりますので、それらを活用すると効果が期待できます。

離乳消化酵素の発達

哺乳類は生まれたばかりの頃には母親の母乳を飲むことによって成長します。それは人間でも同じです。しかし、成長すると次第に母乳では栄養が賄いきれなくなっていきます。そのまま母乳を飲みつづけると、鉄分やカルシウムなどのミネラルや、ビタミンCやDが不足します。それだけではなくたんぱく質が不足して、筋肉の発達に悪影響を与えるため、離乳食に切り替える必要があります。
 
また、ミルクには乳糖という成分が含まれており、これはラクターゼという酵素によって分解されて吸収されますが、この酵素は生まれたばかりの頃が最も活性が高く、次第に低くなっていきます。そのままミルクを飲みつづけると、分解吸収しにくくなっていき、下痢の原因になります。
 
牛乳を飲むとお腹を壊しやすい人がおりますが、この様な理由があります。もっとも、赤ん坊も成長するに伴って、離乳するための準備をしはじめます。いきなり、普段我々が食べているような食べ物を赤ん坊は食べることが出来ませんが、徐々に切り替えて対応します。
 
さきほど、ラクターゼという酵素の話をしましたが、赤ん坊は離乳の準備として、5,6ヶ月過ぎた頃から消化器官が発達し、それに合わせて離乳消化酵素の発達も行われます。消化酵素が発達する事で我々が普段食べているような食べ物を徐々に食べることが出きるようになります。
 
離乳させる際には、赤ん坊はいきなりは我々が普段食べているような固形の食べ物を噛み砕くための歯が揃っていません。そのために、すり潰したりして柔らかい食べ物を与える必要がありますが、それが離乳食です。この時期は成長していく上でも大切な時期ですが、アレルギーにも気をつける必要があります。
 
人間は自分たちが育ってきた環境によって体質が事なります。食事をする際はたんぱく質がアミノ酸に分解されて吸収されますが、アレルギーの原因はすべてたんぱく質です。大人の場合は問題とならなくても、赤ん坊は腸が未発達であり、たんぱく質がアミノ酸に分解されずに腸から血液中には入り込むことでアレルギーとなります。
 
牛乳やパンといった栄養のある食品は、現在では当たり前のように食べますが、これらは欧米から輸入されてきたものです。食生活が欧米化していることが問題となっておりますが、アレルギーも関係があり、本来の日本食の方が日本人にはあっているのです。また、離乳の具合は個人差がありますので、早ければ良いというものではありません。母親同士の会話が元となったりする事で、少しでも早く離乳させようとする人がおりますが、無理に離乳食を与えることは良くありません。